• 個人のお客様
  • 法人・事業主のお客様
  • 近畿産業について
  • 採用情報
  • 貯める
  • 借りる
  • 運用する・備える
  • 便利に使う

きんさんトップ → 個人のお客様 → 運用する・備える → 投資信託:取扱いファンド一覧 → 世界三資産バランスファンド(毎月分配型)

世界三資産バランスファンド(毎月分配型)

ファンド名
世界三資産バランスファンド(毎月分配型)
愛称
セッション
投資信託会社
野村アセットマネジメント
分類
追加型投信/内外/資産複合
積立
あり
商品ページ
▼世界三資産バランスファンド(毎月分配型) 詳細ページへ
  (外部WEBサイトへリンクします)
※尚、リンク先の情報については、当組合では責任を負いかねます。ご自身の判断でご利用ください。

ファンドの概要

ファンドの目的 世界各国の債券、世界各国の株式、世界各国の不動産投資信託証券(リート)の三資産について、概ね7:2:1の割合を目処にバランスよく投資し、安定した利子配当収益の確保に加え、中長期的な値上がり益の獲得を目指し、投資財産の成長を目的に運用を行うことを基本とします。
主な投資対象 世界各国の債券、世界各国の株式、世界各国の不動産投資信託証券(「リート」といいます。)を実質的な主要投資対象とします。
購入 【単位】 1万円以上1円単位
【価額】 購入申込日の翌営業日の基準価額
換金 【受取日】 換金申込日から起算して5営業日目
【単位】 一口単位
【価額】 換金申込日の翌営業日の基準価額から信託財産留保額を控除した価額
運用会社 野村アセットマネジメント
当初設定日 平成17年9月1日
信託期間 無制限
決算 原則、毎月15日(ただし休業日の場合は翌営業日)
収益分配方針 毎決算時に分配を行います。(投資信託積立は自動再投資)
投資信託積立 可能
投資リスク ファンドは株式、債券およびREIT等を実質的な投資対象としますので、組入株式の価格下落、金利変動等による組入債券の価格下落、組入REITの価格下落や、組入株式の発行会社、組入債券の発行体および組入REITの倒産や財務状況の悪化等の影響により、基準価額が下落することがあります。また、外貨建資産に投資しますので、為替の変動により基準価額が下落することがあります。したがって、投資家の皆様の投資元金は保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失が生じることがあります。

主な手数料

お客様に直接ご負担いただく費用

お申込手数料 購入申込金額に手数料率2.16%(税抜2.0%)を乗じて得た金額とします。
換金手数料 ありません。
信託財産留保額 1万口につき基準価額に0.15%

保有期間中に信託財産で間接的にご負担いただく費用

信託報酬 純資産総額に対して年率1.188%(税抜1.1%)
その他費用 組入有価証券の売買の際に発生する売買委託手数料、監査費用、外国での資産の保管等に要する諸費用等。
※これらの費用は運用状況等により変動するため、事前に料率・上限額等を示すことができません。

その他費用や手数料等費用の合計額は、申込金額や保有期間、運用状況等に応じて異なりますのであらかじめお示しすることができません。個別商品の手数料等費用の詳細については、目論見書でご確認ください。

投資信託に関するご留意点 (必ずご確認ください)

  • 投資信託のお取引に関しては、金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリング・オフ)の適用はありません。
  • 投資信託は預金商品ではなく、元本の保証はありません。投資信託の基準価額は、組み入れ有価証券等の値動きにより変動するため、お受取金額が投資元本を割り込むリスクがあります。外貨建て資産に投資するものは、この他に通貨の価格変動により基準価額が変動するため、お受取金額が投資元本を割り込むリスクがあります。これらのリスクはお客様自身が負担することとなります。
  • 投資信託は預金保険制度の対象ではありません。
  • 当組合が取り扱う投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。
  • 当組合は投資信託の販売会社です。投資信託の設定・運用は運用会社が行います。
  • お客様が希望される商品であっても、お客様の金融商品・投資に対する知識やご経験、財産の状況等を踏まえ、お取引をお断りさせていただく場合がありますのでご了承ください。
  • 投資信託には、ご購入時等に各種費用がかかります。お客様に直接ご負担いただく費用として、申込手数料・信託財産留保額、保有期間中に信託財産から間接的にご負担いただく費用として、信託報酬・監査費用等があります。ファンドにより異なりますので、詳細は各商品の投資信託説明書(交付目論見書)でご確認ください。
  • 投資信託をご購入の際は、店頭にご用意している投資信託説明書(交付目論見書)を必ずご覧いただき、内容をご確認のうえ、ご自身でご判断ください。

ページの先頭へ戻る